不動産

1/99ページ

Gate. Channel 年末アンケート 不動産投資家の意識調査

Gate. Channelでは、2018年12月18日から28日にかけて、不動産のオーナー・投資家(以下、不動産投資家)と不動産事業者を対象とした読者アンケートを行いました。今回は不動産投資家のご意見をご紹介します。 投資家は知識と情報を求めている 質問:不動産業者を選定するにあたって、気にするポイントを選んでください。(複数選択可) 上記の質問に対して、「不動産市場に関する知識」が84%と最も高 […]

不動産投資で重要な将来賃料 人工知能による推計について

現在の賃料はどのくらいが妥当か、将来の賃料がどうなりそうか。 これらを客観的な数値で推計する重要性が高まっています。 これまでにも物件価格の相場を提供するサービスはありますが、不動産テック企業として、Gate.が重視するのは将来の賃料予測、およびそれを踏まえた物件の投資価値です。 将来を予測し、不動産投資の透明性を高め、リスクを軽減することが不動産テック企業としての付加価値であり、投資家、不動産事 […]

不動産投資のリスクを「見える化」するオリックス銀行の取り組み

2018年1月、「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズが、シェアハウスのオーナーに対する賃料支払を中止しました。これに端を発して、スルガ銀行がシェアハウス向けに不正な融資を行っていた疑惑が浮上。スルガ銀行は5月に外部の弁護士で構成される「第三者委員会」を設置し、9月に報告書を公表しました。 第三者委員会は、スルガ銀行の社員が組織的に、業務として不正行為への関与を行っていたと認定しました。 サブ […]

地方銀行の不動産融資に変化

地方銀行の不動産融資に変化 日本経済新聞が全国の地方銀行を対象に、投資用不動産向け融資(アパートローン)の調査を行いました。その結果、「今後、積極的に融資を伸ばす地銀はゼロ」という事実が判明しました1。 担保評価などの審査が厳しくなり、銀行の融資は絞られる方向なのは間違いないでしょう。銀行の融資姿勢に変化が見られる今、不動産市場と銀行融資の関係を見ていきたいと思います。 不動産価格は高止まり 一般 […]

金融庁もサブリース関連トラブルへ注意喚起

金融庁は26日、「アパート等のサブリースに関連する注意喚起について」と題する注意喚起をホームページ上に掲載しました。消費者庁と国土交通省は連携して、3月に「アパート等のサブリースの契約を検討されている方」に向けて注意喚起しています。 今回の金融庁の注意喚起は、これに追加する形で、金融庁・消費者庁・国土交通省の連名で公表したものです。 金融庁による注意喚起 これまでサブリース契約に関するトラブルは、 […]

1 99