不動産

99/99ページ

「衆院解散ビフォー・アフター」アベノミクス継続で不動産市況好調は本当か

アベノミクスによって地価や取引数が上昇  2014年12月に行われた衆院選で自民党・公明党政権はほぼ選挙以前の議席を獲得し、アベノミクスを基本路線とした政策続行が確定した。ここでは、アベノミクスが「今回の衆院選以前に不動産市況に与えた影響」と「今後、不動産市況に与える影響」を考えてみたい。  まず衆院選前の影響だが、アベノミクスは不動産市況に「表面的には」大きなプラスだったように見える。プラス要因 […]

関心高まる賃貸マンション経営 おすすめエリアと利回りアップの秘訣

円安により世界の不動産投資家の注目が日本に向いている  世界の不動産投資家たちの関心は、安定した投資環境が整備されており、さらに円安の影響を受け非常に割安になっている日本に向いていると2014年12月4日のウォールストリートジャーナルが報じている。米国の非営利調査機関「市街地研究所」によれば、アジア22都市を対象とした2015年の投資展望として、1位に東京が、3位に大阪がランクインしており、東京の […]

注目のヘルスケアREIT市場 ヘルスケアREITに投資する際に留意すべきこと

ヘルスケア市場の成長性が背景の投資商品  近年の金融緩和により、盛り上がりを見せるJ-REIT市場。今後、リート市場の起爆剤となるのでは? と注目される新しい分野に「ヘルスケアリート」がある。これは投資家から集めた資金を、介護・食事サービスと住居を組み合わせた「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者住宅」などのヘルスケア施設に投資して運用するものだ。安定性の高い不動産を投資対象にしたリートの魅力に […]

「J-REIT」投資VS「賃貸経営」投資

アベノミクスにより魅力が増す不動産投資  ひと昔前まで不動産投資といえば、「賃貸物件のオーナーとなり賃貸収益を得ること」が中心だったが、最近ではJ-REITの存在感が増し、「投資額を自由に設定し利回りを得る」という選択も加わっている。  J-REITは、アメリカのREITをもとにした金融商品であり、日本導入当初は「リスクが高い」といった声も多かった。しかし、市場が拡大にするにつれ、安定性が増してき […]

国内不動産価格がリーマン前水準回復…外国人投資家が注目する理由

 不動産経済研究所『不動産経済マーケットニュース 2014年12月8日』のレポートによると、日本、特に東京都心部の不動産価格はリーマンショック前の水準近くまで回復してきている。活性化する不動産市場の中で、外国人投資家の存在感が増しているといわれるが、彼らが東京の不動産に注目する理由は何か、また、どのような物件を対象にしているかにフォーカスして解説していきたい。 海外投資家に積極的に営業をかける日本 […]

物流業界の拡大で伸びしろ大きい『物流系REIT』…注目の理由は”安定性”

安定性が「物流系REIT」の最大の魅力  複数の投資家から調達した資金をもとに利益・配当を生み出すREITの中でも、物流センターや倉庫といった物流施設を対象にした「物流系REIT」へ関心を示す投資家が増加している。関心が高まっている背景としてよく言われているのが、コンビニを代表とする小売業やネット通販の取り扱い荷物増加による物流業界の拡大だ。市場そのもの拡大に加え、近年のネット通販の翌日着サービス […]

1 99