賃料

3/11ページ

欲しくない不動産の相続をどうするか

 相続時には、処分に困る不動産の押し付け合いになる、というケースが増えています。不動産を相続してしまうと、維持管理の費用や固定資産税などの税金もかかるため、誰もが処分に困っています。相続したくない不動産がある場合にはどのようにしたらいいのでしょうか。 不動産を保有するコスト ■ 不動産の押し付け合いが増えている  一人暮らしの親が亡くなり親の持つ不動産を相続することになったが、手間や相続税の問題な […]

中古マンションの利回り 表面利回り、NOI利回り、IRR

 中古マンション投資において利回りを計算するのに使われる指標には、表面利回りやNOIといった一般的なものの他に「IRR」という指標も存在します。これらはどう違うものなのでしょうか。どのように計算されるものなのでしょうか。今回は表面利回り、NOI利回り、IRRの特徴について詳しくご紹介します。 中古マンション投資には、利回りの計算がつきもの  投資物件の選択にあたって、投資家が参考にするのは「利回り […]

不動産価格の粘着性とは何か 不動産投資のメリット

 資産運用には、株式、債券、投資信託、不動産と様々な種類のものがありますが、不動産投資の特徴は不動産価格の「粘着性」です。粘着性とはどういう意味でしょうか。不動産投資が持つ他の投資にはないメリットとはどのようなものでしょうか。 金融資産への投資より不動産投資は安定している?  「資産運用」「投資」と言うと、多くの方がまず思い浮かべるのは株式など「金融資産」への投資ではないでしょうか。そして同時に思 […]

マイナス金利で住宅ローンが引き下がる見込み

 日本銀行は、1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利の導入に踏み切りました。この結果を受けて当日の日本の株式市場では、緩和マネーが不動産に回りやすくなり、資金調達コストが引き下がることを見込んで不動産株が大きく上昇しました。 日銀が採用したマイナス金利とは  日銀が採用したマイナス金利では、金融機関が保有する日銀の当座預金の一部に0.1%のマイナス金利が適用されます。市中銀行は毎月16日から翌 […]

マイナス金利が不動産投資に与える影響

 本日(1月29日)日本銀行の金融政策決定会合で、マイナス金利が導入されました。マイナス金利の採用はECB(欧州中央銀行)やスイス、スウェーデンなどの欧州で見られますが、日本銀行によるマイナス金利は初めてのことです。 マイナス金利とは  マイナス金利とは、中央銀行が政策金利をマイナスの水準に誘導することです。今回の日銀の決定では、金融機関が保有する日銀の当座預金に0.1%のマイナス金利を適用するこ […]

タワーマンション節税は今後どうなるのか?

 相続税の税制が変わったことから、以前から用いられてきた「タワーマンション節税」の役割はさらに高まってきています。しかし度を超えた節税対策については、国税庁が監視の目を強めています。これからタワーマンション節税はどうなっていくのでしょうか。 タワーマンションを使った節税対策が厳しくなる?  2015年11月3日、タワーマンションを使っての節税に対して、国税庁の監視の目が厳しくなるとニュースになりま […]

1 3 11