1. 賃貸マーケットの特性
  2. 居住者数
  3. 単身世帯の比率
  4. 民営賃貸に住む世帯の比率
  5. 平均居住年数
  6. 市場規模と賃料
  7. 賃料水準の沿線比較

1. 賃貸マーケットの特性

品川駅を例にご説明します。

以下のレーダーチャートは、駅が属する都道府県(品川駅の場合、東京都)との比較で、居住者数などの特性を分析したものです。

東京都内は908駅、埼玉県内は235駅、千葉県内は306駅、神奈川県内は401の駅(沿線重複を含む延べ数)が対象です。
駅からおおむね徒歩10分内の居住者数が2,000人以上の駅を対象としています。

不動産投資分析 品川 不動産投資分析

2. 居住者数

駅周辺の居住者数を含む各種数値は平成27年の国勢調査からデータを取得、当社で集計加工したものです。

集計対象エリアは駅からおおむね徒歩10分内のエリアです。品川駅周辺では、東京都港区港南2丁目、港南1丁目、高輪4丁目などが該当します。

3. 単身やファミリー世帯の比率

駅周辺の世帯構成のうち、単身世帯、2人の世帯(主に夫婦)、3人の世帯(主に夫婦と子供一人)、4人以上の世帯を示しています。
国勢調査では世帯人員7人まで細分化したデータがありますが、4人以上の世帯は数が少ないため合算しています。

グラフの左側が駅のデータ、右側が都県全体のデータです。

集計対象は一般世帯で、東京都は669万世帯、埼玉県は297万世帯、千葉県は260万世帯、神奈川県は397万世帯が対象となっています。

不動産投資分析

4. 持ち家、賃貸などの比率

単身世帯のデータと同じく、駅ごと、都県ごとの対比です。

集計対象は、住宅に住む一般世帯のうち主世帯で、東京都は650万世帯、埼玉県は290万世帯、千葉県は253万世帯、神奈川県は386万世帯が対象となっています。
なお、分類のうち、「社宅等」には官舎も含まれます。


品川 不動産投資分析

5. 平均居住年数

世帯ベースではなく、個人ベースでの集計です。
統計値のうち、「出生時から」と「居住期間不詳」を除いた人数で集計しました。

平均居住年は「1年未満」は0.5年、「1年以上5年未満」は3年と、各カテゴリーの中間値を居住年とみなした推計値です。なお、「20年以上」の居住年は一律30年とみなしました。

集計対象の人員は、東京都は938万人、埼玉県は586万人、千葉県は498万人、神奈川県は726万人です。

品川 不動産投資分析

6. 市場規模と賃料

民間賃貸住宅に住む世帯数と、沿線の平均的な賃料との2軸で位置関係を見たものです。

賃料は当社の推計値で、徒歩7分、築15年の1Kマンション(コンクリート造、25㎡)の平均的な賃料を想定しています。

緑色の点は、沿線(山手線)の各駅の値を単純平均した水準です。オレンジ色の点は当駅の位置を表し、緑点よりも右側にあれば、賃貸物件に住む世帯数が多いことを意味します。また、オレンジ色の点が緑色の点より上にあれば、当駅の賃料が路線平均よりも高いことを意味します。
なお、賃貸世帯数の路線平均値には、賃料データが不十分で駅カタログを作成しない駅のデータも含まれます。路線によっては表示された点の平均値とは異なることがありますのでご注意ください。

品川 不動産投資分析 品川 不動産投資分析

7. 賃料水準の沿線比較

先ほどと同じく、徒歩7分、築15年の1Kマンション(コンクリート造、25㎡)を想定した賃料を表しています。

丸点は推計値です。四角で表した幅は、同じような物件が10あれば、7つの物件が収まるであろう賃料幅を示しています。品川駅では平均的には107,000円ですが、幅としては95,000円から119,000円となります。

品川 不動産投資分析