駅カタログ 都営大江戸線 都庁前駅の不動産投資分析

都庁前 人工知能・機械学習による不動産投資分析

目次


1. 総論 マーケット概況
2. 詳細分析 賃料価格帯
3. 詳細分析 賃料単価
4. 詳細分析 専有面積
5. 詳細分析 築年数
6. 詳細分析 地価
7. 詳細分析 沿線
8. 投資分析1
9. 投資分析2

 

 

1. 都庁前の賃貸マーケットの特性 概観

 都庁前周辺の賃貸物件は、賃料単価が高額な物件が多いのが特徴です。

 23区平均との比較では、賃料の平均は325,900円と高く、平方メートルあたりの賃料単価では4,700円と23区平均の3,250円を上回ります。築年数は新しく、専有面積は23区平均よりも広い傾向があります。

【都庁前と東京23区の概要 (平均値比較)】
都庁前 不動産投資分析

 

 

2. 都庁前 賃料価格帯分析

都庁前 不動産投資分析

 都庁前の賃料の平均値は、325,900円です。
 東京23区の賃料の平均が121,200円であるのに対して、都庁前の賃料平均の水準は高い傾向があります。

 都庁前の賃料のボリュームゾーンは、30万円超です。
 東京23区の賃料のボリュームゾーンが8万円から9万円であるのに対して、都庁前の賃料ボリュームゾーンの水準はとても高い水準です。

【都庁前と東京23区平均の賃料価格帯の比較】
都庁前 不動産投資分析

 

 

3. 都庁前 賃料単価分析

都庁前 不動産投資分析

 都庁前の賃料単価(平方メートルあたり賃料)の平均は、4,700円です。
 東京23区の賃料単価の平均が3,500円であるのに対して、賃料単価の平均の水準は高い傾向があります。

 都庁前の賃料単価のボリュームゾーンは、5000円超です。
 東京23区の賃料のボリュームゾーンが3,250円から3,500円であるのに対して、賃料単価のボリュームゾーンの水準はとても高い水準です。

【都庁前と東京23区平均の賃料単価の比較】
都庁前 不動産投資分析

 


4. 都庁前 専有面積分析

都庁前 不動産投資分析

 都庁前の専有面積の平均は、64.9㎡です。
 東京23区の専有面積の平均が36.0㎡であるのに対して、専有面積の平均の水準は広い傾向があります。

 都庁前の専有面積のボリュームゾーンは、75㎡超です。
 東京23区の専有面積のボリュームゾーンが20~25㎡であるのに対して、専有面積の水準はとても広い傾向があります。

【都庁前と東京23区平均の専有面積の比較】
都庁前 不動産投資分析

 

 

5. 都庁前 築年数分析

都庁前 不動産投資分析 

 都庁前の築年数の平均は、築14.1年です。
 東京23区築年数の平均が16.9年であるのに対して、築年数の平均の水準は新しい傾向があります。

 都庁前の築年数のボリュームゾーンは、築5年から10年です。
 東京23区の築年数のボリュームゾーンが築5年から10年であるのに対して、築年数の水準は同じくらいです。

【都庁前と東京23区平均の築年数の比較】
都庁前 不動産投資分析

 

 

6. 都庁前 地価分析

【都庁前近辺の公示地価(住宅地)】
都庁前 不動産投資分析 

 都庁前近隣の公示地価は、該当の情報はありません。
 都庁前のある新宿区の公示地価は640,000円、東京23区の公示地価は518,600円です。都庁前の公示地価は比較ができません。

 

 

7. 都庁前 沿線分析

【都営大江戸線の沿線分析】
都庁前 不動産投資分析

モデル物件(専有面積30㎡、駅徒歩7分、築10年、鉄筋コンクリート造)での沿線分析です。

 

 

8. 都庁前 投資分析

【都庁前 賃料の重回帰分析】
都庁前 不動産投資分析

 当該駅の重回帰分析は非公開です。

 人工知能による投資分析はこちら Gate.
 Gate.では無料で個別物件の投資分析が行えます。

 

 

9. 都庁前 賃料予測

【都庁前周辺賃料推計】
都庁前 不動産投資分析

 モデル物件で長期間の賃料を推計したものです。
  注:賃料推計には複数の予測モデルを用いています。そのため賃料下落率が「8.投資分析」とは一致しない場合があります。

 

駅カタログ:都営大江戸線から別の駅を選ぶ
駅カタログ:沿線を選択する

© 2016 LEEWAYS Inc.

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2016年4月30日 11:00 AM カテゴリー: 駅カタログ

関連記事