不動産投資セミナーに参加するべき3つのメリット

不動産投資セミナーに参加するべき3つのメリット

Blur of business Conference and Presentation in hall

 本業を持ちつつ副業として不動産投資をはじめる方が近年増えています。このような不動産投資を新しくはじめるという、不動産投資入門者の方へオススしたい知識の習得方法として、不動産投資セミナーへの参加があります。
それではなぜ、セミナーへの参加がいいのでしょうか。 

不動産投資の入門者にもっとも必要なモノ 

 不動産投資セミナーに参加するメリットの一つ目は「知識習得効率の良さ」が挙げられます。

 不動産業者の中には物件の良し悪しに関わらず、彼らが物件の取引を成約させるためだけに物件を勧めてくる業者が残念ながら存在することは事実です。もちろん、すべての業者がこういうトラブルを招きやすい営業を行っているわけではなく、最近になってようやく不動産投資の世界でも充実した投資判断情報をしっかりと提供する業者が台頭しはじめています。そこで不動産投資取引を行う業者が提供する情報が本当に自分にとって有益なものなかのか、情報は十分なのかどうか。この辺りの最低限の知識があるかないかは重要です。

 セミナーに参加する場合、一度に多くの情報を得ることが可能です。その内容について考えたときに、「どういう情報が必要になってくるのか」その辺りに触れているセミナーであるかどうかをチェックしてみましょう。

 その他には「税金」や、「ローン」「レバレッジ」「リターンの計算」「投資判断指標」に「ファイナンス全般」など、様々な知識が求められます。

 たとえば、会社員の方が副業でライターをしたり、ウェブサイト運営をしたりした場合、利益に対して住民税・所得税がかかります。不動産投資は関係してくる税金の種類が他のビジネスと比べて多く複雑です。購入時には印紙税や不動産取得税に登録免許税が、保有している間は固定資産税や都市計画税が、利益が出れば所得税・住民税が、売却時に利益が出れば譲渡所得税、住民税がかかります。それぞれに課税所得の計算方法や条件、税率が異なるため、入門者は不動産投資をはじめる前に基礎知識の習得があったほうが望ましいでしょう。 

 資金調達やレバレッジやリターンの計算、投資判断指標の計算方法など、「ファイナンス」知識も必要です。ファイナンスとは、投資判断に使う財務理論のことで、もともとは金融取引の間で発達した理論です。高度な数学を駆使しますが、通常の個人レベルでの不動産投資では、その基礎的な考え方が理解できて利用できれば十分です。とは言っても専門知識ですので、どのように勉強すればいいのか、どれが不動産投資に関わる部分なのか、入門者が判断するのは難しいです。そこで、投資の専門家からのアドバイスを受けながら知識を吸収していくことが、近道になります。 

 さらに、実際に物件を選ぶ際にどのような点に注目したらいいのか、業者はどうやって選べば良いのか、業者や入居者との間でトラブルが発生した場合はどうしたらいいのか、これらについても、自分で調べようと思えば、かなり徹底した情報収集が必要となります。 

 これらを自分でやるのではなく、プロから直接学ぶ機会として、不動産投資セミナーへの参加がもっとも効率がいいのです。自分で学習するためにかかるお金や時間、間違った知識を得てしまうリスクなどを考えれば、不動産投資のセミナー参加はとてもリターンの大きい投資なのです。 


不動産投資セミナー参加のメリット 

 専門知識の習得以外にも、不動産投資セミナーへの参加にはメリットがあります。 

①プロや不動産投資家とのつながりができる 

 不動産投資セミナーでは、不動産投資や不動産投資に関わる税金、資産運用などのプロが講師となっています。また、参加者は不動産投資の入門者だけでなく、不動産投資の経験者もいます。セミナーへの参加を通じて、講師や参加者との横のつながりができれば、様々なアドバイスをもらったり、おすすめの業者を教えてもらったり、たくさんのメリットがあります。 

②プロの情報源を知ることが出来る 

 さらに、プロの投資家がどのようなところから情報を収集しているのかを知ることが出来ます。プロの投資家というものは、それぞれが自分なりの情報源を持っているものです。その情報源を教えてもらうことができれば、不動産投資を成功させる確率が格段にアップします。 書籍やインターネットでは、プロが何を情報源としているかは分からないため、とても貴重な情報です。

③最新の業界の動向を知ることが出来る 

 不動産投資と言えば、伝統的な投資方法です。しかし、物件の選択や投資判断の手法、不動産管理会社のサービスなどは、急速に変わりつつあります。それは不動産業界にITが浸透して「不動産テック」の動きが起こったことや、人工知能を応用した投資判断や、物件紹介サービスが生まれたことなどが影響しています。 

 こうした不動産業界の最先端の動きは、入門者はなかなか把握しづらいものです。しかし、一部の投資家はこうした動きに早々と乗り、より効率的な不動産投資を実現しています。また、インターネット上で得られる情報と、実態としてどうなっているのか、乖離があることがあります。そこで、セミナーに参加して最先端の動向と、実際にどのように利用されているのか情報収集をすることが必要なのです。 


セミナー参加の前に 

 さて、以上のようなメリットのある不動産投資セミナーですが、一部ではデメリットがあるとも言われます。それは以下のようなものです。 

  • 一般的な情報ばかりで有益ではなかった 
  • 参加費という形でお金がかかる 
  • セミナー参加しただけで、その会社のサービスを利用するよう強要された 

 確かに、不動産投資セミナーの中には、このような高額な参加費のわりに有益な情報を得ることができないものや、その会社のサービスの利用を強要されるものなどがあるようです。しかし、それは事前準備をすることで、払拭することができるでしょう。 

【事前準備①】 どのようなセミナーかよく調べる 

 まず、どのようなセミナーでもしっかり調べればその内容や参加者の口コミなどが出てくるはずです。それらの情報から、自分が必要としている情報が得られるセミナーなのか、怪しい業者ではないか、チェックしてから参加するようにしましょう。もしセミナーの情報が出てこなくて不安ならば、まずは情報開示度の高い、信頼できそうなセミナーに参加し、他の不動産投資家の方からの情報を参考にしつつ、他のセミナーの参加を検討するようにすればいいでしょう。 

【事前準備②】 ある程度の前提知識を仕入れてから参加する 

 いきなりセミナーに参加しても、前提知識がある程度ないと、理解が難しいケースがあります。せっかく参加したセミナーでそうなってしまっては、もったいないですね。そこで、参加する前に、不動産投資入門者用の書籍や、不動産投資メディアの記事などで、ある程度前提知識を学んでおくことをおすすめします。 

【事前準備③】 質問リストを作成する 

 最後に、セミナーでは何を聞きたいのか、質問リストを作成してから参加することもポイントです。実際には一部のことしか質問できなくても、リストの作成は、自分が何が分かっていて何が分かっていないのか把握することができるという点だけでも、メリットがあります。箇条書きでもいいので、分からないことを自分の言葉でまとめておきましょう。 

 今回は不動産投資セミナーに参加するメリットをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。もっとも効率よくリアルな情報を収集するためには、セミナー参加が最適です。まずは、興味のあるセミナーを探すところからはじめてみてはいかがでしょうか。


現在Gate. Channelでもオススメしているリーウェイズ主催の「ビッグデータを活用して失敗リスクを軽減する、最先端の中古マンション不動産投資セミナー」も毎週開催されています。ご興味のある方はぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。
https://leeways.co.jp/seminar/gate/

不動産投資カテゴリの最新記事