【投資入門編!】知っておきたい“不動産投資の種類”とは

【投資入門編!】知っておきたい“不動産投資の種類”とは

 不動産投資とは、土地や物件といった不動産を利用して、自身の資産を増やすことです。 最近では、銀行に預けているだけではほとんど利益を得ることができません。そうしたなか、安定した収入を得られる不動産投資に注目が集まりつつあります。 今回は不動産投資の入門者に向けて、不動産投資の種類についてまとめました。

 

不動産投資の種類

■現物不動産投資 現物不動産投資とはアパートやマンションを購入し、物件の値段の上下変動を利用して転売したり、貸し出して賃貸料で利益を得たりする投資法です。一般的に不動産投資というと、この スタイルを指すことが多いです。

【メリット】 ・自分で物件や土地を選ぶことができる ・金融機関からの借入を利用すれば、少額の自己資本で大きな投資が可能な場合もある ・相続税や贈与税に対して、節税対策になる

【デメリット】 ・自分で不動産を見つけ出すため、取得するまでに時間と手間がかかる ・売却時も買い手を見つけるのに手間が必要 ・全てのリスクを自分で負うことになる

■小口化不動産投資 小口化不動産投資とは、複数の投資家が物件の権利を共有して保持する投資方法です。個人で購入するには高額過ぎる物件や土地を、複数の投資家で共同に購入することで投資金額を下げることができます。

【メリット】 ・高額な物件でも購入することが可能になる ・現物不動産投資に比べて、投資のリスクを分散できる

【デメリット】 ・小口化不動産投資を整備する制度がないため、配当金の保障がない ・自分では不動産の売却のタイミングを決められない

■証券化不動産投資 証券化不動産投資とは、名前の通り不動産を証券化する投資法です。投資法人などが、投資家から資金を調達し不動産を購入・経営します。住宅から得た利益は、投資額に応じて投資家たちに配当します。一口あたりの価格設定が安くなるため、複数の不動産に投資しやすいのが特徴です。

【メリット】 ・一口の投資額が安い(数百円単位の場合もある) ・複数の不動産に投資できるため、リスクが低くなる ・売り買いをスムーズに行える

【デメリット】 ・ローンの利用は期待できないので自己資金のみで投資する必要がある ・物件を所有する訳ではないので節税対策にはならない

【投資入門編!】知っておきたい“不動産投資の種類”とは

実際には、不動産投資を検討されている方の資産状況や考え方によってどれを選択するか異なってきます。 ですが入門したばかり方にとって、どの不動産投資法を利用すれば良いか分からないこともあるでしょう。そうした場合は、一度不動産業者の方にご相談されても良いかもしれません。まずは、自身のライフスタイルに合う不動産投資法を見つけることから始めてみてはいかがでしょうか。

 

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2016年9月13日 6:00 PM カテゴリー: おすすめ, 投資分析, 投資理財

関連記事