不動産投資のプロが利用する情報サイトまとめ|2016年08月版

loupe

 


 あらゆる投資の分野で「成功し続ける人」と「失敗し続ける人」がいます。投資において明暗を分ける特に重要な要素に、投資判断を左右する情報収集が挙げられます。不動産投資の世界でもそれは例外ではなく、ネットを活用して投資に有用な情報を如何に効率良く収集できるかは収益に大きく関わってきます。不動産投資は証券投資に比べて安定的な取引ができるメリットがあります。しっかりと情報収集をして望めば、ちゃんとした成果がついてくるのです。
 では、不動産投資の専門家は普段どのようなサイトで情報を収集しているのでしょうか。無料で、かつ精度の高い将来の投資収益予測が手軽にできる不動産取引サービス「Gate.」もまた、プロの不動産投資家から高い評価を得ているサービスの一つです。
今回は「Gate.」以外で不動産投資のプロが普段利用する不動産投資関連情報の主要なサービスをご紹介します。

 

不動産取引価格情報(土地総合情報システム)

 不動産取引価格情報とは、国土交通省が提供する不動産の実際の取引価格を、アンケート調査に基づいて四半期ごとに提供しているサイトです。検索画面では、地図上で宅地、中古マンションなど条件を絞り、また取引期間やエリアを選択して取引価格を調べることができます。物件を購入したり売ったりする際には、このサービスを使うことで相場を知ることができるということです。
 このシステムは国土交通省の「土地総合情報ライブラリー」上にありますが、土地総合情報ライブラリーには、他にも不動産取引の実態に関する様々な情報がありますので、要チェックです。

土地総合情報システム:http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/torihikikakaku-info


不動産経済研究所

 不動産投資には、マクロな情報の収集も必要です。そのような時にチェックするべきなのが、不動産経済研究所のサイトです。このサイトでは、日本の不動産市場の展望や、現在ホットな不動産ビジネス、開発など、そして首都圏、近畿圏などエリア別での統計データなども無料で見ることが出来ます。多くの刊行物も発行しており、不動産ニュースも充実しています。大きな視点からまずは不動産投資に関連する情報を集める、というときに便利です。

不動産経済研究所:https://www.fudousankeizai.co.jp/


ATBB(at home Business Base)

 大手不動産総合サイトを運営するat homeは、ATBB(不動産業務総合支援サイト)という不動産業者向けのサービスをはじめています。不動産事業における総合的な支援サイトです。ATBBは、不動産投資家が物件を探す上でのサービスがあります。検索方法が充実しており、沿線から、所在地から、地図から、路線図から、そして住所などからダイレクトに、検索することができます。さらに、興味のある物件の図面を入手したり、物件情報のインフォシートを印刷したりすることができるため、不動産業者によって利用されています。
 そして、登録する物件情報の管理に優れた物件登録画面があり、物件公開や広告機能も投資されています。ATBBはこのように不動産業者向けのサービスなのですが、不動産投資家は業者がどのような情報を持っているのかが分かるため、登録するととても有利な情報収集ができるでしょう。

ATBB:https://atbb.athome.jp/business/


JREI NETMAP(不動産情報マッピングシステム)

 JREI NETMAPとは、一般財団法人日本不動産研究所が提供する、不動産情報サービスです。地図上で不動産に関連する情報がデータ化されている点に特徴があります。
 一般公開版と会員版とがありますが、一般公開版でも様々な情報を得ることが出来ます。例えば、地価の調査や土地条件図、距離・面積計測、標高計測などのデータが確認できます。地図上ですべてのデータを確認できるため、一般公開版でも情報量は多く、他の不動産情報サイトでは手に入らないような情報ですので、厳密な投資分析をしたい方は、要チェックです。

不動産情報マッピングシステム:http://app.netmap.jp/fudoken/


不動産ジャパン

 不動産ジャパンも多くの不動産投資家が利用しているサイトです。不動産ジャパンは不動産投資家を総合的にサポートするサービスで、物件を購入したい人、借りたい人、売却したい人、貸したい人のそれぞれに対して検索サービスがあります。
 初心者の方は、不動産投資の基礎知識を得るために「住まい探し講座」のページから知識を習得することもできます。物件だけでなく業者を探すこともできますので、不動産取引を考えている方は、最初にチェックしてみるサイトの一つです。

不動産ジャパン:http://www.fudousan.or.jp/


HOME’s不動産投資

 誰もが知る不動産・住宅情報サイトであるHOME’sが不動産投資家向けに提供しているのが「HOME’s不動産投資」です。おそらくプロの不動産投資家の間では、もっとも知られている情報サイトでしょう。HOME’s不動産投資は、不動産投資家向けの総合的な情報サイトで、情報量が非常に多いです。
 サービスは大きく4つあります。全国の収益物件を探すことができるサービス、賃貸経営に関する関連業者の紹介サービス、空室率・地価。利回り・人口の増減などの市場分析ができるサービス、物件の売却価格の査定サービスです。つまり、市場分析→投資物件を見つける→関連業者を探す→物件を売却するという全行程をカバーするサービスを提供しています。投資物件の登録数は、現在1万4000件を超えており、物件価格や表面利回りをチェックすることができます。HOME’s不動産投資は詳細なデータを用いて投資分析するようなサイトではありませんが、不動産投資の初心者は、まずはチェックするといろいろなことが分かるでしょう。

HOME’s不動産投資:http://toushi.homes.co.jp/


東京カンテイ

 より専門的な情報を求めるプロの投資家に多く使われているのが、東京カンテイです。東京カンテイは会員制の法人向け不動産情報サービスで、独自の不動産情報を提供するだけでなく、顧客のニーズに合わせて情報を収集・分析することを売りにしています。
 東京カンテイの特徴は、情報の独自性と高い情報分析力です。リアルタイムの情報を独自のデータベースにし、統計データも提供しています。そして、ポイントは、収益性の評価が厳密である点です。
 不動産投資では、さまざまな方法によって投資対象を分析しますが、投資分析の方法は、最新のものに常に対応しておかなければ正確な分析ができません。東京カンテイは常に新しい評価方法を取り入れていることから、プロの不動産投資家には非常に重要です。

東京カンテイ:http://www.kantei.ne.jp/

 

リアルタイムの情報収集を

 投資のチャンスはいつ、どこにあるかわかりません。そのためにも常に高いアンテナを張っておくことが重要です。今回紹介したサイトは、プロが多く利用している不動産サイトです。もちろんすべてのサイトをチェックし続ける必要はありませんが、これから不動産投資をはじめたいという方は、どのような物件が優良なのか、有益情報を見分けるためにも気になるサイトは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。


 あらゆる投資の分野で「成功し続ける人」と「失敗し続ける人」がいます。投資において明暗を分ける特に重要な要素に、投資判断を左右する情報収集が挙げられます。不動産投資の世界でもそれは例外ではなく、ネットを活用して投資に有用な情報を如何に効率良く収集できるかは収益に大きく関わってきます。不動産投資は証券投資に比べて安定的な取引ができるメリットがあります。しっかりと情報収集をして望めば、ちゃんとした成果がついてくるのです。
では、不動産投資の専門家は普段どのようなサイトで情報を収集しているのでしょうか。無料で、かつ精度の高い将来の投資収益予測が手軽にできる不動産取引サービス「Gate.」もまた、プロの不動産投資家から高い評価を得ているサービスの一つです。
 今回は「Gate.」以外で不動産投資のプロが普段利用する不動産投資関連情報の主要なサービスをご紹介します。

不動産取引価格情報(土地総合情報システム)

 不動産取引価格情報とは、国土交通省が提供する不動産の実際の取引価格を、アンケート調査に基づいて四半期ごとに提供しているサイトです。検索画面では、地図上で宅地、中古マンションなど条件を絞り、また取引期間やエリアを選択して取引価格を調べることができます。物件を購入したり売ったりする際には、このサービスを使うことで相場を知ることができるということです。
 このシステムは国土交通省の「土地総合情報ライブラリー」上にありますが、土地総合情報ライブラリーには、他にも不動産取引の実態に関する様々な情報がありますので、要チェックです。

土地総合情報システム:http://tochi.mlit.go.jp/kakaku/torihikikakaku-info


不動産経済研究所

 不動産投資には、マクロな情報の収集も必要です。そのような時にチェックするべきなのが、不動産経済研究所のサイトです。このサイトでは、日本の不動産市場の展望や、現在ホットな不動産ビジネス、開発など、そして首都圏、近畿圏などエリア別での統計データなども無料で見ることが出来ます。多くの刊行物も発行しており、不動産ニュースも充実しています。大きな視点からまずは不動産投資に関連する情報を集める、というときに便利です。

不動産経済研究所:https://www.fudousankeizai.co.jp/


ATBB(at home Business Base)

 大手不動産総合サイトを運営するat homeは、ATBB(不動産業務総合支援サイト)という不動産業者向けのサービスをはじめています。不動産事業における総合的な支援サイトです。ATBBは、不動産投資家が物件を探す上でのサービスがあります。検索方法が充実しており、沿線から、所在地から、地図から、路線図から、そして住所などからダイレクトに、検索することができます。さらに、興味のある物件の図面を入手したり、物件情報のインフォシートを印刷したりすることができるため、不動産業者によって利用されています。
 そして、登録する物件情報の管理に優れた物件登録画面があり、物件公開や広告機能も投資されています。ATBBはこのように不動産業者向けのサービスなのですが、不動産投資家は業者がどのような情報を持っているのかが分かるため、登録するととても有利な情報収集ができるでしょう。

ATBB:https://atbb.athome.jp/business/


JREI NETMAP(不動産情報マッピングシステム)

 JREI NETMAPとは、一般財団法人日本不動産研究所が提供する、不動産情報サービスです。地図上で不動産に関連する情報がデータ化されている点に特徴があります。
 一般公開版と会員版とがありますが、一般公開版でも様々な情報を得ることが出来ます。例えば、地価の調査や土地条件図、距離・面積計測、標高計測などのデータが確認できます。地図上ですべてのデータを確認できるため、一般公開版でも情報量は多く、他の不動産情報サイトでは手に入らないような情報ですので、厳密な投資分析をしたい方は、要チェックです。

不動産情報マッピングシステム:http://app.netmap.jp/fudoken/


不動産ジャパン

 不動産ジャパンも多くの不動産投資家が利用しているサイトです。不動産ジャパンは不動産投資家を総合的にサポートするサービスで、物件を購入したい人、借りたい人、売却したい人、貸したい人のそれぞれに対して検索サービスがあります。
 初心者の方は、不動産投資の基礎知識を得るために「住まい探し講座」のページから知識を習得することもできます。物件だけでなく業者を探すこともできますので、不動産取引を考えている方は、最初にチェックしてみるサイトの一つです。

不動産ジャパン:http://www.fudousan.or.jp/


HOME’s不動産投資

 誰もが知る不動産・住宅情報サイトであるHOME’sが不動産投資家向けに提供しているのが「HOME’s不動産投資」です。おそらくプロの不動産投資家の間では、もっとも知られている情報サイトでしょう。HOME’s不動産投資は、不動産投資家向けの総合的な情報サイトで、情報量が非常に多いです。
 サービスは大きく4つあります。全国の収益物件を探すことができるサービス、賃貸経営に関する関連業者の紹介サービス、空室率・地価。利回り・人口の増減などの市場分析ができるサービス、物件の売却価格の査定サービスです。つまり、市場分析→投資物件を見つける→関連業者を探す→物件を売却するという全行程をカバーするサービスを提供しています。投資物件の登録数は、現在1万4000件を超えており、物件価格や表面利回りをチェックすることができます。HOME’s不動産投資は詳細なデータを用いて投資分析するようなサイトではありませんが、不動産投資の初心者は、まずはチェックするといろいろなことが分かるでしょう。

HOME’s不動産投資:http://toushi.homes.co.jp/


東京カンテイ

 より専門的な情報を求めるプロの投資家に多く使われているのが、東京カンテイです。東京カンテイは会員制の法人向け不動産情報サービスで、独自の不動産情報を提供するだけでなく、顧客のニーズに合わせて情報を収集・分析することを売りにしています。
 東京カンテイの特徴は、情報の独自性と高い情報分析力です。リアルタイムの情報を独自のデータベースにし、統計データも提供しています。そして、ポイントは、収益性の評価が厳密である点です。
 不動産投資では、さまざまな方法によって投資対象を分析しますが、投資分析の方法は、最新のものに常に対応しておかなければ正確な分析ができません。東京カンテイは常に新しい評価方法を取り入れていることから、プロの不動産投資家には非常に重要です。

東京カンテイ:http://www.kantei.ne.jp/

 

リアルタイムの情報収集を

 投資のチャンスはいつ、どこにあるかわかりません。そのためにも常に高いアンテナを張っておくことが重要です。今回紹介したサイトは、プロが多く利用している不動産サイトです。もちろんすべてのサイトをチェックし続ける必要はありませんが、これから不動産投資をはじめたいという方は、どのような物件が優良なのか、有益情報を見分けるためにも気になるサイトは一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

賢い不動産投資を始めよう

賢い不動産投資を始めよう

2016年8月5日 7:00 PM カテゴリー: テクノロジー, 不動産投資

関連記事