投資分析

7/7ページ

2016年の不動産市況を占う

 2015年は不動産業界では大きな動向や事件が多くありました。2016年の不動産市況を予測するにあたって、まずは2015年の不動産市場関連動向を振り返ってみましょう。 2015年の不動産業界  2015年の不動産市場で大きなニュースになり、メディアの注目を集めたのは2つの悪いニュースでした。  まず『杭打ちデータ改ざん問題、横浜マンション傾斜事件』があります。これはマンションなどの建設するときに必 […]

  • 2016.01.15
  • ,

不動産ビッグデータを使った駅分析 「葛西臨海公園」駅に最も近い駅は?

不動産ビッグデータを使って駅の分析をしました。 上の図は首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)にある駅の位置を表したものです。対象の駅はJR、私鉄、東京メトロ、都営地下鉄のほか、都電やモノレールなどを幅広に含む約1,500駅です。この図を見ると東京の区部に密集しているのが分かります。 葛西臨海公園駅に最も近い駅は?  駅と駅との関係を直線距離で測って分析しました。駅のどこから距離を測るかによって少し変 […]

  • 2016.01.08

一都三県 市区別 賃料下落率ランキング

(写真=PIXTA)  不動産ビッグデータを活用した投資分析として、市区ごとの賃料下落ランキングを作成しました。  賃貸マンションの家賃は、新築プレミアムのある新築時が最も高く、古くなるにつれて賃料は低下していきます。他の条件が同じであれば、築古よりは築浅物件に住みたいと思うのが自然だからです。  賃料の低下の度合いは、エリアによって異なります。物件の供給が少なく、住みたい人が多いエリアではそれほ […]

不動産ビッグデータを使った投資分析 投資家に「真に必要な」利回りとは?

   不動産ビッグデータを使って投資の利回りを分析します。  不動産投資の利回りで真っ先に思い浮かべるのは、年間の賃料を物件の価格で割って求める「表面利回り」でしょう。とても計算しやすく、目先の投資利回りが直感的に把握できるので、不動産売買の現場では重宝される利回りです。不動産の利回りと言えば、特に断りのない場合は表面利回りを指すのが一般的です。  ところが、この表面利回りには致命的に足りないもの […]

1 7