歴史と散策のまち『千駄木』

歴史と散策のまち『千駄木』

借家数・空き家率が増加している文京区

 「千駄木」のある文京区は公園、教育機関、出版関連企業や医療機関が多くみられるエリアです。全体としては住宅街が多く、「本駒込」や「目白台」、「本郷」などの閑静な住宅街も多く残されています。​
 住宅・土地統計調査「借家数の変化」によると、平成
20年から5年の間に23区全体で約190千戸の賃貸物件が増え、「空き家の変化」によると空き家も5年の間で全体的に増えています。各区によって借家数や空き家率の増減にばらつきがありますが、文京区をみると、借家数・空き家数、ともにやや増加しています。

 

■居住世帯のある借家数の変化

  2008年 2013年 増減 増減率(%)
23区全体 2,092,880 2,283,620 190,740 9
文京区 42,100 58,670 16,570 39
新宿区 99,390 105,370 5,980 6
豊島区 72,260 83,930 11,670 16
北区 89,560 95,290 5,730 6
千代田区 11,180 14,880 3,700 33

 

■空き家となっている賃貸住宅数の変化

  2008年 2013年 増減 増減率(%)
23区全体 354,660 425,300 70,640 20
文京区 6,240 8,370 2,130 34
新宿区 17,550 21,590 4,040 23
豊島区 16,680 25,450 8,770 53
北区 12,290 14,480 2,190 18
千代田区 6,230 2,890 -3,340 -54

 

 エリア別に貸家の住宅着工数を見ると、東京都と23区の各年の増減は相関して いることがグラフから読み取ることができます。文京区の供給傾向も東京都や23区の増減と似たような動きを見せています。文京区の着工数も2006年以降、低い水準で抑えられており、2014年の供給も比較的低い水準に収まると推測されます。「千駄木」は単身者割合も5割を超えており、文京区の人口推移も年々伸びていることから、儒給バランスの回復により不動産価値にも価格下落率の低下など良い影響が期待できます。

千駄木図5

千駄木図6

 

まとめ

「千駄木」は、谷根千の人気の高まりとともに注目されているエリアです。それは、TVや雑誌といったメディアでの露出が多いこともそうですが、古 くからの街並みが残っていること、さらにそういった街の資源を保全し活用しようという経済活動が行われている点が大きな要因であると思われ ます。

文京区が検討を進めている『千駄木駅周辺地区まちづくり基本計画』でも、周辺住民のアンケート結果から多くきかれた景観の保全を希望する声に 応え、古き良き佇まいを残しながら整備していく方針を出しています。大きなビルが建つような再開発ではなく、街の歴史や風情ある街並みを残し ながら活かす計画は、近年若い世代が長屋や蔵を改修しシェア住居にしたり、カフェや雑貨屋、美容室としてオープンしたお店が人気店になる、と いった取り組みが後押しをして、魅力的なまちを形成していると思われます。今後もまちの変遷が楽しみなエリアです。

 

<ポイント>
・地元住民はもちろん、来街者でも賑わう人気の散策エリア
・都心への交通の便が良いうえに、歴史的な街並みが残る希少立地
・若い世代の流入とエリアの活性化による将来性の高さ

 

将来価値で物件比較

Gate.『千駄木』周辺の物件を探す

エリアレポートカテゴリの最新記事